【できる】




 「できると楽しい」。
 なので、「できる事を楽しくやる」のが上達のこつ。


 「できないできない」言いながらひたすら繰り返しても、いつまで経ってもうまくならない。




 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 稽古法 上達の秘訣

【加減】



 何をするのでも「加減」はとても大切。
 加減の探知機は言うまでもなく「触覚」です。

 つまり、「触覚の感度を上げる稽古」は物事の上達に不可欠です。




 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣

【フラフラ力】



 たとえば、通常地面に対して踏ん張って力を発揮しようとしたり、大地を力強く蹴って推進力を出そうとしたりしますが、正反対に足元をフラフラさせ、よろけるような感覚で移動すると、思わぬ力を発揮できたりします。

 これを私は「フラフラ力(りょく)」と呼んでいます。




 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 脱力術 術理解説

【国家観】



 現実逃避的に自分の欠点から目をそらして生きている人は、いずれ必ずばく大な「生き方の負債」によって大怪我をします。

 武術家で言うと、「戦闘力」で自分の未熟さや問題点をごまかして生きる人も多くいます。

 そういう類の人たちは、自分の国に対しても「見たい部分」にしか目を向けず、欠点を無かった事にしたがるので、本気で改善したい人々の妨げともなります。


 その人の「人生観」と「国家観」は連動しているのです。




 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 武術を学ぶ意味

【観察と点検】



 真の上達とは「点検要素をゼロにする事」です。

 例えば剣を(相手など)特定の個所に到達させたい時に、稽古では「剣の握り方は」「腕の位置は」「足の位置は」「軸は」「軌道は」と、多くの要素を「点検」します。


 しかし実戦において本当に優れた動きとは、その時の目的である「結果」だけを定めたならば、それに向かって体が勝手に「最適の動き」を選択してくれている状態になる事です。

 つまり、目的を達成する為に「いかに自分の意思の介入を無くすか」が大切なのです。


 言いかえると、自らの動作に対する「観察」や「点検」が無くなって行くという事です。

 ゆえに上質な稽古とは、「点検を無くすための点検」「観察をやめる為の観察」だと私は思っています。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣

【天才と習得】



 物事の習得は、「困難な課題を設定してそれを乗り越える」方法が大きな上達につながると思われがちです。

 しかし、本質的な部分の向上には「簡単な課題をより上手にできるようにする」のがとても有効なのです。


 その分かりやすい例が「天才」や「才能ある人」です。

 彼らは一見「困難な課題を設定してそれを乗り越えている」ように見えます。

 しかし彼らは「困難な課題を最初から簡単にできる人達」なので、実際には「簡単な課題をより上手にできるようにする」をじっくりとやっています。

 にもかかわらず見かけの行動だけ参考にしていると、大きく道を逸れてしまいます。


 「天才に騙されるな」という事です。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣

【先後】



 構えている人の心には凸凹が生じる。

・凸は相手を攻撃するために何かを仕掛けようとする「打ち気」であり、この瞬間を捉えて攻撃されると弱い。

・凹はふと気が緩んだ「隙」であり、やはりここも弱い。


 前者を剣術で言う「後の先」、後者を「先」と私は考える。


 つまり、「先」も「後」も無用とするには心を常に凹凸なく均(なら)しておく事が必要で、怒りや闘争心に支配されていてはそれは実現しない。



 「穏(おだ)やかな方が強い」のだ。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

【感情系と受信系】


 「瞬時の反射」には二種類あって、「感情系」とも言える「びくびく」した反応と、「受信系」とも言える極めて穏やかな心身状態で発動する深い反応がある。

 「感情系」の動力の原点は「怒り」や「驚き」と共通した部分なので、必ず身体の「混乱」も伴い、「受信系」と比べ効率が悪く精度も低い。
 しかし、人間は生れて間もなく身近にあるのが手頃な「感情系」なので、ほとんどの場合「受信系」の存在にすら気付かぬまま一生を終える。

 ゆえに、ほとんどの武術や運動は「感情系」を前提に構築されている。
 「受信系」を目覚めさせるには、常識とは正反対の手続きが要る。
 それは、「無防備になる」事である。
 なので私は「注意深さを養うよりも、無防備を養う方が10倍難しい」と言っている。

 これは、身体における「筋力系」と「脱力系」の関係性と全く同じで、対応関係にある。
 なので、身体は「脱力系」を目指しながら反応は「感情系」で構築するやり方は、「体の力を抜こうとしながら心の力は抜けていない」というちぐはぐさがあり、無理があると考えている。


 (おわり)



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 術理解説 脱力術 拡散力

【効率】



この世で最も効率の良い作業は、「エスカレーターの手すりを拭く仕事」だと思っている。

武術も、「近づく相手が勝手に跳ね返る」ようにすると、これに近くなる。

「自分を斬りに来る相手の勢いを利用して斬る」だとかが、最も効率がいい。

これは筋力だとか体力だとかとは全く別物の世界で、「運動神経」ですらない。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 術理解説

【学び】


 「学びの深さ」は「納得の深さ」に正比例します。

 そして、人が最も「納得」するのは、「自分で気付いた時」です。


 つまり、師や親が正しい事を「これが正しい」と押し付けるよりも、多少拙(つたな)くても「自分で気付く」よう誘導してあげた方が、効果が高いという事です。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣 方条瞬刻

PR

プロフィール

方条瞬刻

Author:方条瞬刻
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【源運動/源武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、半身動作研究会・中島章夫先生の術理を研究。 
■ 定期的に中島先生を講師にお招きし、東京都中央区にて「甲野善紀の術理史」という稽古会を開催中。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「源運動/源武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: