FC2ブログ

日和見菌

 発酵の世界に興味を持つようになってから思うのは、「細菌と人間の世界は似ている」ということです。

 たとえば、人間の大腸の中には「腸内フローラ」と呼ばれる「菌の花畑」があります。
 その中で菌たちは人間と上手に共生していて、必要なビタミンを合成したり、免疫力(めんえきりょく)を高めてくれたりしています。
 この「腸内フローラ」の中には大きく分けて3種類の細菌がいて、それぞれ「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」と呼ばれています。
 善玉菌はその名のとおり体にとって良いことを、悪玉菌は悪いことをおこないます。

 そして日和見菌は、普段はおとなしくしていますが、体内で悪玉菌が増殖して優勢になるとそちらの味方に付き、いっしょに悪さを始めるそうです。
 この「腸内フローラ」の勢力図が体調や免疫と直結するため、食生活などで善玉菌の優勢を保つように心がけることが必要なのです。

 しかし、この「悪玉菌」や「日和見菌(ひよりみきん)」も体の中からいなくなれば良いということではなく、「バランス」を保つことが大切なのだそうです。


 人間社会も、とてもよく似ているなと思います。
 身の回りにはいい奴もいれば悪い奴もいる。
 しかしどのような環境に生まれ育とうとも、いい奴や悪い奴でありつづける「生粋(きっすい)の善人」や「生粋の悪人」は、ごくごく僅(わずか)かだと思います。

 そういう意味で、体の中がそうであるように、人間社会の大半が「日和見菌」で成り立っているのです。
 誰しも一歩間違えれば犯罪者になりうるし、周囲の人たちの影響によっては社会に何らかの貢献(こうけん)をする事もある。
 犯罪者以上に凶悪な感性でさえも、多くの人の心を励(はげ)ます、優れた芸術として花咲くこともあります。


 そう考えると、一時期ブームになってから定着した感のある「除菌」や「抗菌」の思想は、人間社会でいえば「この中に悪人がいるから町ごと焼き払ってしまえ」という、乱暴なやり方に思えます。

 大切なのは、「バランス」なのだと思います。


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 基本思想 日常 育菌

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: