FC2ブログ

除脚・3「ぶら下げる」

 「力む」など「余計なことをしている」状態と、「一人で動いている」状態。

 前者にくらべて後者のほうが力んでいない分だけ、相対的に「力が抜けている」といえます。


 じっさい、一般的な動きからこのような動きに切りかわってくるほどに、自分の中でずいぶん「力を抜きながら押す」感覚が生まれてきます。

 そして、もう一つの要素が、「一人で動く」状態そのものの中身の差です。

 ひとくちに「一人で動く」と言っても、内容にはそれぞれ大きな違いがあるのです。
 自分のうでを上にあげたり、空中のある位置で止めておいたりする単純な動作を一つ取っても、ずいぶんと体の使いかたに差が生まれます。
 たとえば何度も出てきている「力み」という言葉に関してもう少しくわしく言えば、よけいに力をたくさん入れていたり、よぶんな位置に力が入っていたりといった違いです。


 この動きにおける感覚の違いを言葉でせつめいする時、私は「持ち上げて、支(ささ)える」のではなく、「引き上げて、ぶら下げる」といった表現をよく使います。
 同じ「うでを上げる」という動きに見えても、力が入っているうちは「下から」持ち上げて、支えるような体の使い方をしているのですが、力がぬけてくると、逆に「上から」引き上げて、ぶら下げるような感覚に近づいてくるのです。


 (つづく)


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

■ 8/30(土)【中島章夫還暦記念・大飲食稽古会】14:00-20:00(予定)/3000円/飲食物持ち寄り制 http://t.co/QK3iuRKcVQ 飲食ありのお祝い企画です。(なるべく多くの方にお知らせしたいのでシェアのご協力お願いいたします)
06-14 20:30

◆中島章夫還暦記念・大飲食稽古会【情報募集】8/30(土)のイベントに向け、以下の条件になるべく当てはまる会場をご存知の方はhoujoushunkoku@gmail.comへお知らせください。・飲食可能・なるべく和室・40畳以上の広さ・今から予約できる
06-14 20:31

関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣 稽古レポート 術理解説 脱力術 根本原理の組み替え

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: