FC2ブログ

除脚・1

 先週6/5(木)、「除脚(じょきゃく)」と名づけた足の使いかたを見つけました。
 これは、ひとことで言うと「足に何もさせない」という術理(じゅつり)です。

 ひとの心や体は、さまざまな「よけいな事」をやりたがります。
 「よけいな事」は「よけい」な分だけ、うごきの効率を悪くし、偏(かたよ)りや不調をまねきます。

 足においてもそれは同様で、「地面を蹴(け)る」という動作はその代表です。
 地面を毎回けりながら進むと、前へ進むための力がどんどん大地に逃げてしまうのです。
 つまり、「地面との喧嘩(けんか)」で、前に進むための大切な力をムダに消耗(しょうもう)してしまっている、と私は解釈しています。


 その問題に対する優れた解答が、甲野善紀先生の「太刀奪り(たちどり)」を代表とする、「蹴らない」足使いです。
 この「太刀奪り」などの足使いにかんしては、周りの稽古(けいこ)仲間がまだ誰も練習していないころから、自分なりにいろいろと研究してきました。

 そうして見つけてきたコツや練習法は、今ではずいぶんと蓄積(ちくせき)しており、これからも自分の講座や自身の動きにおける大切な課題のひとつでありつづけると思います。


 しかしその一方で、「除脚」の発見後に気づいたのは、

 「それでも、「蹴らない」という「操作」をしていた」

 ということです。


 たしかに、「蹴る」という事をしないように工夫をしてきました。
 しかし同時に、自分は「蹴らないという事」を「していた」のです。


 (つづく)


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣 稽古レポート 術理解説 脱力術 相を変えない 根本原理の組み替え

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: