FC2ブログ

一足崩し・2

 ふつうに行えば、相手にかんたんに跳(は)ね返されたり、こちらの体勢が逆にくずされたりしてしまいます。

 しかしある条件がそろうと、あいてが後ろにくずれる、あるいは押しこまれて行きます。


 まず大切なのは、「足の踏ん張り(ふんばり)を当てにする」という、体と心のはたらきを起こさないようにする事です。

 通常は片足で立っていると安定感がたよりないので、地面についている足に気持ちも体も縋(すが)り付いてしまうのです。
 この本能ともいえる要求を切りはなすということです。


 そして、全身のむだな力を抜いて、相手からの反作用(はんさよう)を、からだの偏(かたよ)ったどこかで受けとめないようにします。

 そうして生まれた力の流れが乱れないように、全身を上手に調節することも大事です。



 今日まで自分の講座の参加者や稽古(けいこ)仲間の方たちに受けてみてもらいましたが、こちらが片足で立っているとは思えない重さが伝わってくるらしく、面白がったり驚いたりしてくださいました。


 通常の稽古で行うには少々むずかしい部類の技ですが、しばらくは人間の体や、術のふしぎを体験していただくデモンストレーションにでも使ってみようと思います。


 (おわり)


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 稽古法 上達の秘訣 脱力術

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: