FC2ブログ

02/05のツイートまとめ

HoujouTomonori

腕で足を「刈る」というのは、意外と有用ではないだろうか。
02-05 03:18

通常は、腕と足の「筋力差」から、限られた範囲でしか使用されていないのかも知れない。
02-05 03:21

しかし、甲野先生の術理を中心とした、体と腕の連動性を高めた動きを行うと、足の優位性はそれ程でもなくなる。
02-05 03:25

そうなると、立体的に素早く移動できる「腕」の特性が活きてくる。
02-05 03:27

離れた位置から二点間を刈り込む様に崩す技術を、「薙ぎ」の技法と呼び、これから研究したい。
02-05 03:32

この「薙ぎ」については、言葉も含め、かなり以前から構想はあった。
02-05 03:34

だが、現実に行うとは思わなかった。
02-05 03:36

「薙ぎ」の技術として、「膝打ち」の動きも有効ではと構想。
02-05 03:38

しかし、稽古では危険なので、「接触した膝」から「震動化」の技法で崩す事を思い付く。
02-05 03:39

「脚部の震動化による崩し」というのは考えた事がなかったので、稽古の安全性への考慮から得た副産物の様な構想と言える。
02-05 03:41

「薙ぎ」で行うはずの事を、全て「震動」に置き換えて行うのも、これはこれで面白い事が起こりそうだ。
02-05 03:43

片足を取り、倒れ込みつつ残った足を刈り上げる捨て身技を考案。
02-05 04:02

近代柔術のテクニックとしてありそうな動きだ。
02-05 04:02

どちらにせよ、これは危険なので行わない。
02-05 04:03

今までは、思い付いた端から忘れて行っていた様な構想を書きおく事ができるという、ツイッターの自分に取って有用な特性に今気が付いた。
02-05 04:12

明日、CSの「東映チャンネル」で、武術好きが好みそうな番組が放送されるようだ。
02-05 05:47

武道ドキュメント 「拳豪の祭典」2013年2月6日(水) 12時30分~13時30分
02-05 05:48

出演:広瀬義宣/小松方正(ナレーション)/鈴木正文/宗道臣/八木明徳/初見良昭監督:原田隆司1974年50分
02-05 05:49

インタビュアーの広瀬義宣が日本一強い男、日本一強い流儀を求めて各地の拳豪たちを追うアクション・ドキュメント。 空手・日本正武館や少林寺拳法を始め、沖縄古武道・空手道、剣道示現流、水鴎流居合剣法、宝蔵院流槍術、戸隠流忍法などさまざまな日本古来の古武道の真髄を存分に披露する。
02-05 05:49

私の環境では視聴できないが、興味ある方は見てみると良いのではないだろうか。
02-05 05:51

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: