FC2ブログ

◎「上達論」・序文公開

20191217174206a32.jpg


 甲野善紀先生との共著・『上達論』の序文を公開いたします。


◎「上達論」・序文公開


【序・「基本」に替わるもの】


 甲野先生は物事の習得において、「基本をひたすらに繰り返せ」といった練習法に否定的な立場を取られています。
 それは、「この世に基本など存在しない」と言い切っているのではなく、「安易に基本を定める」事の危険性について語っているのです。
 そこには、主に二つの大きな問題が関わっています。

・単純な「繰り返し」になってしまう

 様々な流儀・分野で多く見られるのは、「素振り何百回」などと繰り返す練習をしながら一向に上手くならない、「初心者のようなベテラン」です。
 仮にその「素振り」が本質的に大切な要素を含んでいるとしても、「どうして大切なのか」「どの部分がどのように大切なのか」を把握しないまま闇雲に繰り返している場合、大きな効果はなかなか期待できません。
 それを甲野先生は「下手を植え付ける」という言葉で表現しています。

 人間には、良くも悪くも「適応力」というものがあります。
 一つの動きを繰り返せば、その動きを支える筋肉が付いてゆきます。
 当然、「下手な動き」を繰り返せば「下手な動きを支える筋肉」が増強されます。
 体内に、「下手な動きを支える道筋」がどんどん出来てしまうのです。
 それが「癖」です。
 実際、甲野先生の教室へ学びに来た人には、ある共通した傾向が見られます。

 「特定分野に熱心に取り組んだ人ほど習得が遅い」

 言い換えると、武術もスポーツも経験した事の無い「素人」の方が飲み込みが早い場合が多い、という事です。
 また、単純な筋力に頼らない武術的な技に対しても、余計な「癖」のない素人の方が、柔軟な耐久力を発揮したりします。
 つまり、体を熱心に鍛えているはずのスポーツ選手の方が、脆く崩れてしまうのです。
 体の使い方が「上手い」とされているプロや指導者達の「特定の動き」を植え付けてきた経験が、かえって未知の世界に対する「対応力」や「習得」の障害となっている場合があるということです。

 本来、この世のあらゆる事象は「初見」であり、「未知」です。
 武術の「戦闘」にせよ、スポーツの「試合」にせよ、その瞬間その瞬間は常に「生まれて初めて」であり、未知でない経験など何一つありません。
 にもかかわらず、「実用性」という意味で最も大切かもしれない「未知への対応力」を鈍らせてしまう「繰り返し」は、果たして本当に有効なのでしょうか?
 ここで、もう一つの「問題」が関わってきます。

・「基本」を断言できる指導者がどれだけいるのか

 いつの間にか「基本」と思っていた行為が、本質的な対応力を低下させてしまっている。
 そして我々が見る限り、それに気付けている指導者の方々も非常に少ない状況です。
 そんな中「これが基本」と定め、「ひたすら繰り返させる」という行為は、その人の動きの「根幹」を確定する行為であり、とても重大な責任があります。
 では、それを「させている」指導者が、どれだけその「基本」の意味を認識し、「その意義を体現できているのか」という問題があるのです。

 古の達人のように、抜群に体を使える人が正確にその「意義」を把握し、慎重に誘導してくれるならば大きく道をそれないで済むかもしれません。
 しかし、そのような人がほぼ絶滅状態にある昨今、よほど自信のある人でも他人に「これが基本だ」と植え付ける行為は、本来恐ろしい事なのです。
 甲野先生自身、その「恐ろしさ」をよくよく把握しているからこそ、いまだ自分の武術に「基本」を定めていないのだと思います。
 では、「基本が無い」甲野先生の武術をどう学べば良いのでしょうか。
 多くの人が、ここで頭を悩ませる事になります。
 残念な事に、手がかりが無いまま早々に挫折をしてしまう人もいます。
 一方で、甲野先生は驚くほど多彩な人材を排出しているという面もあります。
 「基本がない」はずの先生の元で学んだ人たちの中から、武術やスポーツに留まらず、多くの分野で活躍する指導者や選手が生まれているのです。

 「挫折をした人」と「残った人」。
 この違いは何なのでしょうか。

 それは「基本に替わるもの」を手に入れた人達だと私は考えています。
 では、「基本に替わるもの」とは何でしょうか?
 先ずは、そこから語り始めたいと思います。


 方条 遼雨(ほうじょうりょうう)


■タイトル:上達論
■サブタイトル:基本を基本から検討する
■著者:甲野善紀 方条遼雨
■出版社:PHP研究所
■価格:1600円(税別)
■発売日:2020年1月11日
■サイズ:46判(188×128)
■ソフトカバー
■ISBN978-4-569-84560-9
■amazon:
https://amzn.to/38W39tt






 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 甲野善紀 上達論

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: