FC2ブログ

俯瞰としての体

 力が抜けてくると、体が俯瞰(ふかん)的になる。
 例えば崩し合いの稽古などで、相手の肉体そのものに力みや張りが残った上で術を駆使しようとして来た場合、こちらの肉体は自動的かつ客観的に状況把握を開始する。
 なので、対処法は体が示してくれる事が多くなる。

 もう少し詳しく書くと、力みや張りが残った人の技に対しては、その人が一人で一生懸命動いているのを、やや離れている位置から観察している様な視点が生ずる。
 そしてその対応は、不完全な物語に作者が推敲の手を入れる様な感覚で行われる。

 逆に、力みや張りが残る技は「主観的」と言え、これは技の練度や習熟度とはあまり関係が無い。

 この「状況把握」は、治療や稽古においては相手の問題点と解決法の指摘に役立つ。
関連記事

テーマ : 武術と健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: