サイラスさんのレポート

 8月25日に、私と共同で講座(「身想心海」)
を行うサイラスさんが、自身のブログにて人体解剖実習のレポートを掲載している。
http://k53333335.blog.fc2.com/blog-category-11.html

 サイラスさんは、講座の紹介文にもある通り、某国立大学の医学部に通っている。
 レポートは、実習を行っていた当時、彼のミクシーページに掲載されていた物である。文末には、現在の彼から見た俯瞰的コメントが新たに追加されている。

 当時の衝撃を思い出す。
 私は確か、「とても貴重で、誰もが読むべきレポート」とコメントしていた気がする。
 その思いは、今も変わらない。

 まともな神経をしている人ならば、読めば大なり小なり気持ちが悪くなる。
 当然だ。人体を解体して行く様を時系列順に記しているのだから。

 「気持ちが悪い」。
 人がそう感じるのは、紛れもない事実である。
 そうして取り出された、「気持ちが悪い」部品によって、我々が形作られ、生かされている事もまた真実なのだ。

 人は、そんな「死体を切り刻む」という非日常行為に初めて身を置くと、どの様な反応を示すのか?
 そこで描かれる当時のサイラスさんの心の動きや、周りの実習生達の反応には、予想では決して思い描けない生々しさがある。

 人という生き物は、いったい何を有しているのか?

 このレポートは、そんな真実を突き付ける。
 この体験を外部の人と分かち合おうと考えた事自体に、サイラスさんの真っ当さと特異性がよく現れている。


 今回の日記やサイラスさんのレポートに対応するような考えを、私は以前記していたことを思い出した。
 宜しかったら併せてご覧いただければ、と思う。
「人の業(ごう)について」
http://hojos.blog135.fc2.com/blog-entry-36.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条瞬刻

Author:方条瞬刻
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【源運動/源武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、半身動作研究会・中島章夫先生の術理を研究。 
■ 定期的に中島先生を講師にお招きし、東京都中央区にて「甲野善紀の術理史」という稽古会を開催中。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「源運動/源武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: