【抑制】


 「できる」という事と「使う」という事は違います。


 人間、高度な技術を習得すると、それを披露したくなる心理が当然働きます。

 しかし実際の運用において、「むしろ使わない方がいい」場面が、数多くあるのです。

 たとえば演奏技術に定評のある方の楽曲を聞いていて、「むしろここでは技術を抑えた方がいいのに」と思う事があります。

 その人が技術を「ひけらかす」事により、全体の調和を乱してしまっているからです。


 この問題は、あらゆる分野で起こり得ます。

 たとえば私は講習会や動画で速く、大きく、複雑な動きを披露することがあります。
 それは、「こんなことも出来るようになりますよ」という「例」を示すためです。

 しかし実際の乱取りや戦闘では、その動きは単純なものです。
 「相手を制する」という目的の一点において、華やかな動きは大抵「無駄」だからです。


 では「複雑・高度な動き」が不要かと言ったら、そうではありません。

 「必要な時に、いつでもできる」のが大切なのです。

 問題なのは、不要な時に無意識、あるいは意識的にそれを「披露」したくなってしまう事です。

 芸術でも武術でも、不要な場面で混入した「高度な技術」は、むしろその質を低下させるという事です。


 「増強」よりも、「抑制」の方が難しいのです。



 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲

 ▲ サイト一覧へ ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 源武術 源運動 術理解説

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条瞬刻

Author:方条瞬刻
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【源運動/源武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、半身動作研究会・中島章夫先生の術理を研究。 
■ 定期的に中島先生を講師にお招きし、東京都中央区にて「甲野善紀の術理史」という稽古会を開催中。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「源運動/源武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: