11/07のツイートまとめ

HoujouTomonori

◎ 11/20(金)【最新の気づきと技と術理】甲野善紀先生・綾瀬講習会■ 詳細・お申し込みはBULINKのHPをご覧下さい https://t.co/Lw2D31bmDJ
11-07 13:39

■11/28(土)講座【りきみをぬく】 [西荻窪・ほびっと村学校/13:00-14:50]体の無駄な力を抜く方法を練習してゆきます。体力のない方も楽しく遊びながら、体と動きを改善してゆきましょう。 https://t.co/F28rDpUHj7
11-07 13:39

■ 11/15(日)練馬にて4講座開催いたします[12:20-18:35]・新講座【剣・杖・道具術】・【鍛(きた)えずに強くなる】・【三実稽古会】(参加無料)・【術のいりぐち】 https://t.co/j5H2yJug2V
11-07 13:40

■明日11/8(日)【甲野善紀の術理史19『大円の原理』(1999年)】18:30から20:30/人形町駅/2000円/講師:中島章夫/「甲野善紀からどう学ぶか」に注目し、技の歴史を振り返ります https://t.co/WZqhP2ZBCw
11-07 13:40

【しがみつく・2】 安定を破り、「次」へ進むためには、自己束縛の解除が必要。 つまり、自分が何に「しがみついている」のかを見つけ、手放すのだ。
11-07 13:41

たとえば執着や願望、思い込みは人を「安定」させるが、強烈にある領域に留めおく枷(かせ)にもなる。 信念、信仰すらも。 肉体においては「力み」が代表的な安定であり、枷である。
11-07 13:42

自らの筋肉が自らの骨や筋(すじ)に「しがみつき」、「安定」を求めながら、自らを必死で「束縛」しているのである。 (おわり)
11-07 13:43

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条瞬刻

Author:方条瞬刻
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【源運動/源武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、半身動作研究会・中島章夫先生の術理を研究。 
■ 定期的に中島先生を講師にお招きし、東京都中央区にて「甲野善紀の術理史」という稽古会を開催中。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「源運動/源武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: