スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/01のツイートまとめ

HoujouTomonori

佐野氏は最後の謝罪コメントもどこかからコピペすれば、彼の物語は綺麗に完結すると思う。
09-01 18:47

【通算100号特別レポート-技をよみとく配信中】無料メ-ルマガジンのお申込は houjoushunkoku@gmail.com へ1.件名:[メルマガ希望](必須) 2.本文:お名前/フリガナ(ハンドルネーム可) 3.ご要望やお知りなったきっかけ等(任意)
09-01 20:20

■9/13(日)講座【脱力術】[1500円/見学無料]初心者から専門家の方までご参加できます。筋肉の存在感を高めつづけるウエイトトレーニングに対し、筋肉の存在感を消してゆく脱力術は、正反対の世界です。 http://t.co/EY99r5ZOhc
09-01 20:23

【一つのこと・2】 武術においては、打撃、投げ技、寝技、剣、杖、槍など使用する道具や状況ごとに体の使い方まで変えているならば、そこに何かの矛盾が生じているという事です。
09-01 20:23

「武芸十八般」という言葉があり、さまざまな分野を習得した古人はずいぶんと大変な事をしていたように感じるかもしれませんが、何の事はない、優れた使い手は「一つのこと」をしていたのだと思うのです。 本人は「同じこと」をしているだけで、状況や持つ道具が変化しただけという事です。
09-01 20:24

宮本武蔵が、全ては武術の応用で「万事において我に師は無し」といった言葉を残しており、書や水墨画でも優れた作品を生み出していますが、彼は武術の枠も飛び越えて「一つのこと」をしていたのでしょう。 (つづく)
09-01 20:24

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

方条瞬刻

Author:方条瞬刻
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【源運動/源武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、半身動作研究会・中島章夫先生の術理を研究。 
■ 定期的に中島先生を講師にお招きし、東京都中央区にて「甲野善紀の術理史」という稽古会を開催中。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「源運動/源武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。