FC2ブログ

「滞りの解消による崩し」(2014.1.25「術研 -稽古と最新術理」レポート)

 1/25(土)に行った「術研」では、講座中に「滞りの解消による崩し」(とどこおりのかいしょうによるくずし)という稽古法を思いつきました。

 これは、二人が向きあって座り、柔道、またはレスリングのように組み合った状態からはじめます。
 一方が、相手の体を軽く崩しにかかり、投げきらない態勢のまま途中で止めます。

 崩された方は、自分のからだの中を観察します。
 相手に態勢をゆがめ、傾けられているので、体のいろいろな部分に力み、ツマリ、とどこおりが感じられます。

 それらが確認できたら、その「とどこおり」を解消するように、態勢を元にもどします。
 すると、相手が崩れます。


 ここで大切なのは、「相手を崩そうとしていない」という点です。自分のなかの問題を解消したら「結果的に相手が崩れた」ということです。
 つまり、大切なことは自分自身の中にあり、相手をどうこうしようとしなくても、自らを正せば相手は勝手に崩れてくれることを確認したのです。

 これは、乱捕りのように自由に攻め込ませる状況においても大切な要素です。それをまず、単純化した状況のなかで体験してもらいました。


 「力の流れ」やその意味を感じてもらう上でずいぶんと有効なようなので、今後の練習の定番のひとつとして加えてみようと思います。


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 稽古レポート 源武術 源運動 稽古法

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: