FC2ブログ

「甲野善紀の術理史」レポート/2014.1.19(日)

 先日日曜は隔月で中島章夫先生をお招きして行っている、特別講座「甲野善紀の術理史」でした。
 開始から看板を変えながら3年以上つづいているシリーズです。

 この講座は、数回に分けて年表順に甲野先生の技の歴史をたどってゆく形式をとっており、今回は1994年の「四方輪」(しほうりん)という術理が中心でした。
 年表の先頭から最後までを循環するこのシリーズも、何度目かの「四方輪」を迎え、今回はもっともこの術理における充実した説明がなされ、理解が深まる稽古となりました。


 たとえば四方輪における「球の膨張・縮小」という術理がありますが、これは見えないおおきな球をかかえる様に構えた状態から、想像上の球が大きくなったり小さくなったりするのに合わせて、からだの状態や手の位置が変化するというものです。
 全身や手のかたち・位置が「変化する球の曲線」にそって動いているので、この基準にしたがっていると、単純にうでを上げ下げするよりも、遥かに複雑な情報が自然と内部に生まれ、相手に伝わることとなります。

 忠実に「球の変化」にそって動いていると、からだの各部位が均質に変化するので、相手にとって力の出どころがとらえずらくなるようです。
 逆に、うごきの中で球がいびつになってしまうと、出どころも均質でなくなるため力がぶつかり、相手にとらえられてしまいます。
 「単純ながら複雑」という要素をもっており、もともと個人的に硬めで過渡的な印象だったこの術理も、あらためて「その時の役割を全うした良い技だったのだな」と認識をあらためました。


 そんな話を甲野先生にしたところ、「今の「扇返し」(おうぎがえし・最近進展した柔道の投げ技)に通ずるところがある」との事でした。
 「四方輪」のころから、技の代謝が加速的に早くなっている甲野先生ですが、その時その時に過ぎさった技も、見えないところで現在の術理の中に息づいているのです。

 そういった部分も、この「甲野善紀の術理史」という講座を続けている意義なのかもしれません。


 ▲ ホームページ先頭に戻る ▲
関連記事

テーマ : 心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル : 心と身体

tag : 稽古レポート 源武術 源運動 稽古法 術理史

PR

プロフィール

方条遼雨

Author:方条遼雨
■ カルチャー学校講師や身体講座の企画を行っています。 
■ 「動きにおける根本原理の組み替え」に主眼を置いた、【玄運動/玄武術】の概念を提唱し、武術や身体動作を研究しています。 
■ 松聲館・甲野善紀先生、動作術の会・中島章夫先生のアシスタントなども。 
ほびっと村学校講座「りきみをぬく」-日常・運動に役立つ脱力法-講師。

(お問い合わせ、ご感想など)連絡アドレス
houjoushunkoku@gmail.com
●現在、稽古会等の情報をメールマガジンにて配信中(無料)。
 上記アドレス宛の件名に、「メールマガジン希望」と記入し、メールを送信して下されば登録できます。

・ツイッター:
https://twitter.com/HoujouTomonori
・フェイスブック:
http://www.facebook.com/tomonori.houjou
・ミクシー:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14477837
・ミクシーコミュニティー「玄運動/玄武術」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5908052

※このサイトはリンクフリーです。

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
関連サイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
リアルタイム閲覧者数
現在の閲覧者数: